各種調査業務

「空室」は賃貸不動産経営の根幹にかかわる問題ですから、のんびりはしてられません。
入居が決まらない理由として、立地、時期、家賃設定、間取り、募集会社の集客力などさまざまな要因が上げられます。

例えば、最寄駅からあなたの賃貸建物までの間に、アパートや賃貸マンション及び分譲マンションいくつがありますか?

すべてではありませんが、これらの建物は、競争相手となりうるものなのです。

あまりの数の多さに驚いたことでしょう!?
でも、悲観することはありません。
このアパートやマンションがどんな間取りで、いくらで賃貸し、どこが仲介をしたのかを調査することにより、あなたの賃貸建物は何が問題なのかが必ず見えてきます。

その問題点が、現在の賃貸市場の動向とどれだけかけ離れているかがわかれば、空室対策が立てられます。
こういった市場調査を行うことによって、客観的に周辺の賃貸市場を感じることができますし、今まで植えつけられていた固定観念を拭い去ることができるでしょう。

新たに賃貸不動産経営を始めようとする方にも、市場調査をお勧めいたします。
必要に応じて、該当物件と周辺物件の設備状況比較調査書作成や、資金収支の推移計画表の作成もうけたまわります。

当事務所は経営者の観点に立った立場で周辺物件の市場調査を行い、客観的な資料を提出いたします。必要であれば考察も付帯致します。
そして、市場調査にもとづいた結果に対し、『これはミスマッチングではないか?』と感じられた場合には、当事務所で提携する大手の募集会社をご紹介することもできます。

当事務所への
電話やメールでのご相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。
  • 行政への手続き・契約書など 【行政書士業務】Q&A
  • マンションの管理・運営など 【マンション管理士業務】Q&A
  • 賃貸不動産経営支援業務 【コンサルティング業務】Q&A

  • 行政への手続き・契約書など 【行政書士業務】
  • マンションの管理・運営など 【マンション管理士業務】
  • 賃貸不動産経営支援業務 【コンサルティング業務】